« setembro 2006 | Main | novembro 2006 »

06/10/28

六文銭Liveリポート

1026やってまいりました、六文銭Live!
ハジメテデスヨ、笑い転げて歌を中断するなんて・・・あのノリはなんでしょう?何も言わなくても勝手に手拍子がでてくるなんて、ブラジルですよココは。。歌だって歌っちゃいますよネ、みなさん!
今日が2回目のお客さんも20年のお付合いのお客さんも関係なく一瞬にして馴染めるお店、これが六文銭なのです。。(お一人お一人がそもそも素敵な方々だからですが。。)

10264_1 笑いのモトCさんと、なんと私の誕生日とイチニチ違いYちゃん!Cさんはその存在が私を笑いの渦に巻き込ませ・・(前回のLiveで一瞬でツボにはまってしまいました。ステキです、Cさん。)Yちゃんはダンスがうまいらしいから今度ゼヒ披露していただきたいのデス。(年も血液型も同じで、とても他人とは思えず・・)
そんなこんなの爆笑Live(ノドに負担が・・(^.^))、懲りずに続けますからゼヒ初めての方もいつもの方も遊びにいらしてくださいネ。
次回は年末?

そして、この場をかりて・・父お誕生日オメデトウゴザイマス。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

06/10/23

♬番外♫

♬今週liveのお知らせ♫
10/26(Thu) 自由が丘「六文銭」19:00~(投げ銭)
       目黒区自由が丘2-11-16 小杉ビル
             03-3723-8381
           ♪白樺通り 駅から2分
         世界中のお面に囲まれて、なんともコア
         な自由が丘の新たな一面を発見できる
         かも。30年自由が丘で親しまれているお店です。
       飲み食べ放題で3~4000yenくらいです。(なかなか美味       しいワインがでるんです)
       料理はマスターの手料理が(美味しいんです!)勝手にでて       きます。
       こんなオモシロイ・アタタカイお店に私たち二人もはまってます。
       それ以上に常連さん面々が・・・(^.^)
       

| | Comments (7) | TrackBack (0)

その一瞬の

昨日は休日の街を歩きました。人人人・・ですねえ。
そんなときは人が近いからすれ違う一瞬の会話が聞こえてきたりして・・

「ママ、ヘビが来たらどうする?」
   幼児とママの会話・・・ママその後どうするって答えたのかな・・・
「ガッツで走ったらさあ・・」
   なんだかわかるようなわかんないような・・・

こちらはその1文を聞いただけで通り過ぎるわけだから、なんだかイメージふくらんじゃいますね。そもそも、この2つの文章使ったことがないですし。。

Photo_19 さらに楽しくなって家まで歩くことを決心し、(とちゅうこんな光景が・・道がふさがってますヨ~。後姿がアイラシクテ・・)
駅からはなれた瞬間・・・「雨ダ・・・ヤッパリネ」
と、あわてて木の下にかけこみ雨に勝った気になる私でありました。。
わたしってチイサイ?

| | Comments (2) | TrackBack (0)

06/10/19

お疲れさまでした!

昨夜は楽しかったデス ♬ いつものliveとは全然雰囲気のちがう・・・リコさん。。ではなくて演奏会。ステキでしたヨ!シショー!(^.^))
今回参加のリコさんもいつもとはチガウ魅力で演奏されて もう惚れ直しましたヨ!本当にたくさんの人に愛されて幸せですね。純さんも三四郎さんも。

そしてみなさんにも会えた~。
ところで、
Ivan4_1 この人がIvan Lins(イヴァンリンス)です。シショー木村純がこのところよく演奏されるDoce Presençaをつくった人デス。いい曲たくさんありますヨ。
最近もっぱらプロジェクタにてDVD鑑賞ばかり。。壁ばっか観てるってことですね。。


※文章最近長いんで見づらいから消しちゃいマシタ。ハプニングジャナイデスヨ。こんなことしょっちゅうんなんで気にしないでくださいネ。10/21

| | Comments (7) | TrackBack (0)

06/10/14

『Lovely 』

Photo_15自由が丘のお店をご紹介いたします。12月にそのお店で『親子向けlive』をすることに。実はなかなか思い入れのある企画デス。。
♫子供たちには工作のあと、演奏の中でリズムとダンス。その後、パパママたちには心地よいBossa Novaをなんて考えているところデス。
クリスマスソングも歌いたいですね!

~お店は店内の床から天井まですべてご主人の力作で、雰囲気がとっても素敵~
Photo_17 amikusa atelier shop・・・ご夫婦で営むアトリエで制作するオリジナルニットとハンドメイドグッズとカフェのお店です。(このニットは奥様の作品。奥の帽子はliveで写真を撮ってくださるacomiちゃんの作品。他のliveで飾って彩を加えていただいたことも。)

http://www.amikusa.net/

看板息子のわっくん(そろそろ生後8ヶ月?)のかわいいこと!小さなお子さんのいらっしゃる方はゼヒ遊びに来てくださいね!子供のような大人のみの参加は(私ジャナイデスカ!)対象外デス。(^.^) 詳しくはまた追ってUpしますネ。

ところで、『かわいい』でおもいだした!
先日、散歩中のワンチャンを見るたび「かわいい!」と言ったら、また横から言葉が・・・「女性の『カワイイ!』ほど信用できないものはない」と・・・確かに人間にしてもペットにしても、事実、「ウチノ子」がいちばんカワイかったりするのデス。でもウソで言っているつもりもなく、無意識にでてしまう言葉のような。。そ、そうですよね、女性のみなさ~ん。。

イギリスに滞在したとき、男女問わず発せられるタコになるほど耳にした言葉が「Lovely!」でした。
スーパーなどでぴったりの金額払うと「Lovely!」と言われ、予約をしたいのですがというと「Lovely!」、もちろん子供にも「Lovely!」。最初はなにか違う言葉を発しているのでは?とよーく耳をすまして聞くとやはり「ラブリー」。『=スバラシイ!』らしいのですが・・・ でもほんとなぜLovelyをその表現にあてたのかな?

そーんなカンジですよ。(って?)微笑を含んだちょっとしたあいさつ?
信用を必要とするほどの意味も大して含んでないような、でもそんなこともないし・・要するに乱用するからいかんのですね。。

でもでも、時々起こる小さなこういうキモチが、女性のお顔の筋肉を上げ続け 若さを少しでも保ち、心も体も美しくしてくれるのではと(希望的観測も含め・・・)思うのデス。。

そしてまた無意識に「カワイイ!」が。。
Sorri、Sorri(=Smile)笑顔は続けますよ~!

Photo_18 ヤッホー!カボスが届きました!
(母、カンシャします!本当にこの母の処理能力の速度には脱帽)
このあいだ発見しました新しいつかい方。
カボスのカシャッサ美味しいですヨ~。
ブラジルのお酒ピンガとカボスとサトウをシェイクしたもの。
そして奥の顔はエリス・レジーナ
素晴らしいカントーラ(歌手)の歌を聴きながら・・。なーんて。(^.^)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

06/10/11

わたしはカボス

Photo_13例えば、風邪のひき始めに 私はあればホットカボスを大量に飲みます。
あればカボスは私の食生活を占めます。

カボス醤油で食べる餃子とか、コロッケも・・・(エ~ッ、デスカ?いいんですっ。。(^.^))手の平くらいの大きな生椎茸を焼いてカボス醤油で食べるのなんて、キノコ嫌いの舌をもうならすと信じてますから。。

ミツゴノタマシイ・・・なのかしら?確かに飲みつけていないヨーロッパの硬水など滞在当初かなりきつかったですヨ、体に入ってくれなくて・・・ブラジルの水と油は即効で直行でしたし・・ハハ。。

先日、「エコノミー症候群にカボスがよい」という記事を読みました。。そうでしょうとも!(ナニガ?)でもどうすればいいのかしら?カボス持って旅行にでることはないですよね・・・(たくさん飲んでヒコウキに乗るのかな?)いまいち対処に困る記事だなあと思ったのは私だけでしょうか?

-そう言えば、なぜシショーはカボスなのかな・・・

ところで、私の友達ブラジル人は飲み物にプロポリスを数滴たらして飲むと風邪ひかないのだそう。。とにかく風邪をひきたくない私としては、みなさんのこだわりもききたいですねぇ。。

ということで、母へ業務連絡。カボスあったら送ってくださ~い。(家でとれたものがイチバン)

本当は自由が丘のお店とオーナーを紹介しようと思っていたのに・・
長くなってしまったから次回!

| | Comments (9) | TrackBack (0)

06/10/07

そのオチとは?

- たぶん、みなさん私のドジ加減をもうご存知かと 。。

雑誌の写真を撮ったのが確か金曜日で、あの日が確か日曜日・・・。以外に体育会系な私は(ソノママ゙デスカ?)、その日の朝もマイビシクレッタちゃん(自転車)を走らせ体育館にむかってましたが、前日からの雨で道がまだ乾いてなかったんですね。気がついたら・・・道に・・ねておりました。。痛みをともないながら。。

もう、もう、もう・・・。。お気に入りのジャージは直せないほど大きな穴があいてしまうし、ビシクレッタは曲がるし、私もボロボロ。。でも体育館にはなんとか無事到着。友達のジャージに着替え、血まみれになりながら、運動したのでした。。(だって、家より体育館の方が近かったんですっ。。(^.^))

その時の打ち身跡は日に日に『・・・星雲』のような模様で黒く成長していきました。そして撮影当日、どんなに昔のカメラであろうとカメラは正直ですね。しっかりとそのままを写しだしてくれて、逆に感動してしまうほどでした。右側の写真のヒザはその跡が存在感むき出しなのデス。『微笑む二人・・しかしなにかウラが?』と思わせるようなそんな題名つけたくなるねーと・・・あんまり笑えません。。。

だから、この写真を見ると感動すると同時に、苦笑いしてしまうのデス。トリックアートじゃないですが、きっとみなさんの見方は変わるに違いありません。。トホホ・・

| | Comments (7) | TrackBack (0)

06/10/03

オチがある

Photo_12以前お話しました雑誌が発売されました、うーん、ハズカシイ!の一言!しかし、この写真を「遺影にできる」と喜んでいたヤンシー。。私はうまく切りとられるそうですネ・・・
まあいいです。。
しかし、こんな素敵にとってくださったY氏と大判蛇腹に感謝いたします。
本当に貴重な経験をさせていただきました。うまく説明できませんがとにかくすごいカメラで撮ってくださったのです。
次回はどんな衣装を着ましょうか?(^.^)ジョーダンです・・(でも撮られるってPhoto_16 キモチいいものですネ)

いつ撮られてもウソのない素敵な表情をしていたいと思いました。これはホント。

師匠木村純はそこが素晴らしく・・・見習わなきゃと思ってマスヨ~、シショー。。

そうだ!これにはオチが・・・それは次回!!

| | Comments (12) | TrackBack (0)

« setembro 2006 | Main | novembro 2006 »